投稿

表計算ソフトで独自定義の変数が使えないかな?と思った話

表計算ソフト(ExcelやLibreOffice Calcなどなど)を使って計算しているときに、何か特定の数値を計算に使いたい時がよくあります。数値としては家計簿として使ってる場合は消費税計算だったり、科学計算としては物理定数だったり。
まぁ適当なセルに数値を入力して、そこのセル番号を計算に用いればいいだけの話なのですが、 これにも一つ難点が。
何が難点かというと、特定の数値のセルが表にポツンとあると表のレイアウト上統一感が無くなってしまいます。セル幅を調節するときにも邪魔になったり。そのへんも数値のセルの置き場所を工夫したり、別のシートに書いておくなりすれば済みますがいささかスマートとは言い難いです。

で、表計算ソフトなのだからプログラミング言語みたいに自分で変数を指定してそこに数値を入れて使えるのではないだろうか?と思った次第。で、ネットで検索してみると、「名前」という機能が用意されている模様です。
「名前」(英語だと「Names」)はちょっとこれだけだとなんの機能なんだかよく分からないですが、簡単に説明すると、セルやセル範囲、計算、数値に別名を付けて管理して使えるようにする機能だそうな。

LibreOffice Calcでは
「挿入」 →「名前の表現」→「指定」
で、新規に名前を登録することが出来ます。
登録時のダイアログは上のスクリーンショットでして、まず名前に変数名を入れてやります。次にその下の欄に好きな数値を入れます。三番目の欄の範囲というのはその名前が有効とされる範囲です。
(最後の参照範囲オプションはよく分からなかったので説明は飛ばします)

例として
aaa = 56.45
という変数を作りたい場合は名前を「aaa」、2番目の欄を「56.45」として新規作成してやればよいです。その変数を計算で使いたい場合は、セルで関数を書くのと同じように指定して使うことが出来ます。上の例だと適当なセルで「=aaa」と入力すると56.45がそのセルに展開されます。

さて、今回のブログの趣旨としては特定の数値を入れた変数を用いるということなので、ほぼこれで目的は達せられました。一応、「名前」の他の機能についても書いておくと、まずセル番地に別名を付けて管理して使うことも出来ます。その場合はもっと簡単な呼び出し方法があって
上のスクリーンショットで説明すると、左上…

Org-mode(Emacs)でのリンクの使い方について(簡単な範囲)

象の歯磨き粉(Elephant's toothpaste)実験とはなんぞや?

Kindle Paperwhiteのソフトウェアバージョンを5.9.6.1に上げてみました

Kindle Paperwhiteのソフトウェアバージョンを5.9.6に上げてみました

[ソフト] gnuplotでcsvファイルをプロットするときの注意点

[統計] サイコロ5個同時に振ったときの合計の分布

[統計] コインで表を1、裏を0とした時に4つ一度に投げた場合に合計がどうなるかの確率を計算

Kindle Paperwhiteのソフトウェアバージョンを5.9.5.1に上げてみま…すでに上がってた

Calc(LibreOffice) : 1つのセル内において改行で分けられているデータを2つのセルに分離する方法

Ubuntu18.04がリリースされるようですが、ここであえて10年前リリースの8.04を振り返ってみましょう

Kindle Paperwhiteのソフトウェアバージョンを5.9.5に上げてみました

ImageMagickのdrawで描くとき-gravityオプションの挙動がよく分からない件

「これは絶対***だ!」のような断言系文言を読み取る方法

[ソフト] nano(テキストエディタ)の基本的な使い方

[コマンド] bc(数値計算ソフト)の結果出力で、小数点前の0(ゼロ)を省略させないようにする方法

[コマンド] bc(数値計算ソフト)でコマンドラインから計算式を渡して出力させる方法

Linuxでコマンドラインを使うときmanページでコマンドの使い方を調べる時の読み方について

[気象] この冬、やたら寒かったり雪が多かったりするのはラニーニャ現象の影響らしい

Kindle Paperwhiteのソフトウェアバージョンを5.9.4に上げてみました