投稿

Ubuntu 20.04 LTSで初めからインストールされているGNOME Extensionsを無効にする方法

イメージ
初めからインストールされているGNOME ExtensionsUbuntu 20.04 LTSのGNOMEデスクトップ環境では初めからいくつかのGNOME Extensionsがインストール(有効となっている)されています。Desktop IconsUbuntu AppIndicatorsUbuntu Dockこれらの拡張機能を管理するには
これらはGNOME Tweaksで拡張機能を無効にしても無効とはなりません。マニュアルでインストールする拡張機能とはシステム的に別管理となっているため、ちょっと扱いが特殊となってきます。そして、Ubuntu 20.04 LTSではこれらの拡張機能の管理も行える「Extensions」というソフトがあるのでこれを用います。

Ubuntu Dock上のアイコンクリック時の挙動を変更する方法(Ubuntu 20.04)

イメージ
ソフトのウィンドウを2つ以上立ち上げてある状態の挙動Ubuntu Dock、ソフトのウィンドウを2つ以上立ち上げている状態でDock上のアイコンをクリックすると小さいウィンドウサムネイルが表示。どのウィンドウを表示するかを選択することになります。
ただこの挙動、目的のウィンドウを表示するためには複数回マウスクリックが必要となるため、出来れば短縮化したいところ。ということで、今回は操作の短縮化につながる方法について説明していきます。なお、ここではDash to Dock(Ubuntu Dockの元になっているExtension)をインストールしてカスタマイズするという方法については触れません。
Ubuntu Dockのカスタマイズ項目Ubuntu Dockで出来るカスタマイズ項目は限られているので、細かい設定を行って使用するには不向き。Ubuntuのシステム設定から行える項目としてはオートハイドアイコンサイズ表示させるディスプレイDockを画面のどこに配置するかといったところ。アイコンクリックに関する設定はありません。
gsettingsもしくはdconf-editorで設定挙動を変更する方法はやや難易度が上がりますが、gsettingsというコマンド、もしくはdconf-editorというシステム設定ソフトを利用します。設定項目は
org.gnome.shell.extensions.dash-to-dockのclick-actionの設定値。デフォルトではこれが「focus-or-previews」になっているので、これを目的の挙動となる設定値へと変更します。
ウィンドウ切り替えを簡略化するには、Dockのアイコンをクリックするごとに表示するウィンドウを切り替えるのが良さそうです。その場合は設定値を「cycle-windows」とします。
ということで、このようにすることでUbuntu Dockのアイコンクリック時の挙動を変更することが出来ます。参考ページ
gnome shell - Can I make Ubuntu 18.04 switch between multiple windows of the program by just clicking the icon? - Ask Ubuntu

スポンサーリンク
Amazon商品リンク : Linux関連書籍

mpv(メディアプレーヤーソフト)で動画再生時にカクつかないように対処(Ubuntu 20.04)

mpvで動画再生すると、ある条件下で再生にカクつき mpvというメディアプレーヤーソフト(主に動画再生に利用される)があるんですが、ある条件では再生にカクつきが起きてしまいました。コマンドラインのメッセージを見るに、結構なフレームドロップが発生していました。
(うちのパソコンのスペックが低いのはしょうがないとして) で、条件はというと フルHD動画を2倍速以上で再生 動画再生をウィンドウ表示で行う という2つが合わさった場合。 ウィンドウ表示再生ではなく、フルスクリーン表示にしてるとカクつかない、フレームドロップが発生し難かったです、謎。  ハードウェアデコード(hwdec)を無効化することで解消 mpvはコマンドラインオプションで各種設定を行えるんですが、ここで--hwdecオプション、つまりハードウェアデコード設定の変更を行うことで問題を解消することが出来ました。ただ4倍速以上ではそれでもフレームドロップは発生してしまいましたが、それはスペックの問題ということで割り切ることにしました。
mpvでハードウェアデコードを無効化する方法 ハードウェアデコードを無効にするにはいくつか方法があります。 動画再生時にハードウェアデコードの有効、無効を切り替えるにはキーボードショートカット「Ctrl + h」で行えます。 常にハードウェアデコードを無効にしておきたい場合はホームディレクトリの ~/.config/mpv/mpv.conf というファイルに hwdec=no
と記述します。 またUbuntuの場合は
/etc/mpv/mpv.conf
というファイルにハードウェアデコードを有効とする記述があります。なので、このファイルもしくは記述をなんとかしても良さそうですが、こういった場所のファイルはあまりいじりたくはないので今回はこれ以上は触れません。 以前に似たようなブログ記事を出していますが
MPV(動画再生ソフト)のハードウェアデコードと設定ファイルについて という2年くらい前のブログ記事でも同様の設定方法を取り上げたんですが、このときは再生出来ないファイルがあるって…

Ubuntu Softwareが起動しないのでいろいろと調べてみる(Ubuntu 20.04.1 LTS)

起動しないUbuntu SoftwareUbuntu 20.04.1 LTSをインストールしたんですが、まず気になったのが「Ubuntu Software」が起動しないという点。これが起動しないとソフトウェアをインストールするが結構めんどうになってしまいます。調べてみると「Ubuntu Software」は「snap-store」というsnapパッケージの模様。コマンドも「snap-store」。そして、端末でsnap-storeのコマンドを実行すると、コアダンプを吐いて落ちてしまいます。これは困った。  aptで「ubuntu-software」をインストール調べてみると、標準で入っている「Ubuntu Software」の他にaptでインストール出来る「ubuntu-software」というものもあるようです。 なおこちらはダミーパッケージであって、インストールされるのは「gnome-software」のようです。ということでこの「ubuntu-software(gnome-software)」をインストール。実行すると通常のソフトウェアセンターのように使うことが出来ました。ソフトウェアのインストールも問題なし。「snap-store」と「gnome-software」の違いは…何が違うのかはよく分かっていないので、また時間があるときにでも調べることにします。とりあえずgnome-softwareの方を使っていくことで対処は出来そうではあります。
以下はそれでもsnap-storeの方をどうにか立ち上がるようにしたい場合の話で、現時点であまり情報が無いようなのでおすすめはしません。snap-storeを再インストールすると別のsnap-storeがインストールされる?snap-storeが起動しないという件を調べていると、snap-storeを再インストールするといいような話が出てきます。ただこの方法ではどうも同じsnap-storeでも別のsnap-storeがインストールされるようです。後者のものはsnapパッケージのソフトのみ扱えるものらしく、別物のようですどうやら再インストールをして元のsnap-storeを入れ直すには、snapコマンドでインストールチャンネルを適切に設定する必要があるようです。これに関しては、確実にこれで入れ直せるか分からないでの、…

Ubuntu 20.04.1 LTS、GNOMEデスクトップ環境のキーボードショートカットの変更点?について

イメージ
キーボードショートカットのコマンド割り当てでの「%」文字の使用
これまでUbuntu 18.04 LTSを使っていましたが、そのときキーボードショートカットのコマンド割り当てでつまづいたことがありました。
以前のブログにそのあたりのことを書いてあります。
キーボードショートカットで音量調整を行う際にポップアップ表示が出るのを回避する方法(GNOMEデスクトップ環境) 簡単にまとめると、キーボードショートカットのコマンド割り当てにおいて文字列に「%」が入っていると直後の文字が認識されないというもの。 (UbuntuというよりGNOMEデスクトップ環境での話になるでしょう)
例えば以下のコマンドは端末からは実行出来ますが、これをこのままキーボードショートカットのコマンド割り当てに登録しても思った通りの挙動とはなりません。 $ pactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ +5%(コマンド自体は音量を5%上げるというもの)
どうも「%」は特殊な文字として扱わるようで、上記コマンドを思った通りに実行するには $ pactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ +5%%として登録する必要がありました。Ubuntu 20.04.1 LTSので挙動さて、Ubuntu 20.04.1 LTSをインストールして、キーボードショートカットにpactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ +5%% をカスタムコマンドとして登録したのですが、なぜか思った通りの挙動とはなりませんでした。
「はて?これは一体?」と思いいろいろ試してみると、どうやらUbuntu 20.04.1 LTSではコマンド割り当てに「%」が入っていてもそのまま認識されているようです。 つまり「%」は特殊文字とは扱われないようで、「%」が入るコマンドでもそのままキーボードショートカットに登録すればいいということに。 ということで、コマンド割り当てには以下のようにそのまま登録することで思った通りの挙動となりました。
pactl set-sink-volume @DEFAULT_SINK@ +5% このあたりの挙動がどうなっているのかはちょっと調べた範囲では分かりませんでした。なのでUbuntu …

Ubuntu 20.04.1 LTSをインストールしようとして失敗した話(リカバリーには成功)

イメージ
パソコンのストレージをSSDにしたので、次はUbuntuのインストール先日のブログ記事
ゆたりんブログ : パソコンのHDDをSSDに換装パソコンに新しくSSDを取り付けたので、さっそくUbuntu 20.04.1 LTSをインストールしていきます。インストール用USBメモリ作成
インストール用のUSBメモリはSSDを取り付ける前に予め作成しておいてあります。 さて、それよりも前にすでにUbuntu 20.04 LTSインストール用のUSBメモリを作って動作確認までしていたのですが、ちょうどポイントリリースのUbuntu 20.04.1 LTS提供開始のアナウンスがありました。せっかくなので、20.04.1 LTSでUSBメモリを作り直して作業をすることにしました。(ここでUSBメモリの動作確認を省いてしまったのが後々響いてくることに…)
Ubuntu 20.04.1 LTSインストール
パソコンにインストール用USBメモリを挿して起動すると、USBメモリのチェックが入るようです。以前はこういった画面を見たことはなかったので、最近のUbuntuからこうなったんでしょうか?さて、この画面を見ていたら何やらエラーが1つ見つかったというようなメッセージが表示されてました。なんだろう?と思ったのですが、その後にUbuntuのライブ環境も通常通り立ち上がって動作したので特に問題は無いと判断。インストール作業を進めていきます。

インストール作業は始めは順調だったのですが、ユーザー作成の段階で何やらエラーメッセージウィンドウが表示されてしまいました。内容的にはインストールに使用しているメディアが不完全、もしくはパソコンのストレージがよろしくないという感じ。 インストール前のメディアチェックでエラーが出てたので、ストレージではなくインストール用USBメモリの方の問題でしょう。  なんやかんやでインストーラーもクラッシュ…。USBメモリの作り直し…、って前に使っていたHDDを戻さないとならないのですが… 問題点ははっきりしているので、単にインストール用USBメモリを作り直せばそれで大丈夫でしょう。ただここで大きな問題は、パソコンにすでにSSDを取り付けてあるのでこの状態ではOSは立ち上がらないんですよね。前にメインストレージとして使用していたHDDを接続し直す必要があります。これはめんどう…

パソコンのHDDをSSDに換装

イメージ
ようやくパソコンをSSD化 以前からパソコンのストレージをSSDにしようと思ってて、Ubuntuの新しいLTSのポイントリリース(20.04.1)も出たということでタイミングがいいだろうとこの機に換装することにしました。しかしSSDの価格を調べてみると、もうだいぶ値段が下がっているんですね。容量1TBのものでも1万円ちょっと。
あと容量を250GBかそれとも500GBのどちらにしようか迷ったんですが、ここでは500GBのものを選択。システムのみなら120GB程度でもまったく問題ないんですが、自分の場合はデータ解析用のデータもSSDの方に入れておこうということで500GBのものにしました。その他の保存データは1TBほどあってそれはSSDには入らないので、こちらは別の内蔵HDDに入れることに。それとバックアップ用USB接続のHDDという体制。まとめるとSSD : OS + 各種作業用データHDD : 保存用データ外付けHDD : SSDとHDDのバックアップ用
というストレージ3台体制。そうそう、今回購入した500GBのSSDの価格は約7000円でした(取り付け用アダプタは別購入で500円くらい)。また内蔵HDDも新しく購入したので、こちらは4TBで約8000円。外付けHDDにはいままで内蔵HDDで使っていたものを使います(別途USB接続HDDケースを購入)。換装作業
SSDはSanDiskのモノ。
3.5インチベイに取り付けるので、2.5インチ→3.5インチ変換フレームに取り付けました。 内蔵HDDにはWestern Digitalの4TBのモノ。

パソコン自体がスリムタイプなので、パーツ入れ替えにはやや難儀しますね。内部が狭いのでネジを回すだけでもだいぶ気を使います。あとケーブルの取り回しにまったく余裕が無いのも困りもの。写真は内蔵HDDを取り付けたその上にSSDを設置しようとしているところ。ストレージ2台があまり隙間がなく設置するカタチ。なので放熱を考えてSSDは変換フレームの上段に設置してあります(放熱効果のほどは不明)。

最後はこれまで内蔵用ストレージに使っていた3TBのHDDを外付けケースに取り付けました。

なお、これまでバックアップ用に使用していた1TBのHDDもあるのですが、それは今後使う予定は無いですね、とりあえず今回の3台体制のどれか1つが吹っ飛んだときの…

スポンサーリンク