地味に読みにい桁数の多い数字をさっと読む方法


地味に桁数が多くて読み難い数字がありますよね。上の画像にあるように数万〜数百万あたりの数字は読み難いと感じます。
また以下の動画を見てみましょう。


よくゲーム画面で攻撃で与えたダメージが出てくる感じの動画です。さっとどれくらいのダメージを与えたかというのを把握出来れば便利ですね(この動画の数字の出方は遅い方です)。

はじめに

おさらいとして、桁数の区切りは3桁毎に切る区切りと、日本でよく使われてる千、万、億、兆などがあります。
「200000」を区切る場合は「200,000」または「20万」のようになります。どこで区切って読むかは文化の違いや国際標準などいろいろ事情があるようです。

さて買い物などでは「万円」を基準にして考えることが多いです。買い物以外でも日本では万を基準に考えるといろいろと都合がいいようです(科学やコンピューターの世界は別として)。
万の上の億で考えることはマレですし、そこまで長い数字を読むこと自体が少ないです。「300億円」を「30000000000円」とは書きませんし。

ということで、ここでは万〜1000万あたりまでの数字の桁数が多い部分をさっと読む方法を考えます。

例題 1

「32789」という数字を考えます。これを「万」を基準に考えると「3万2789」となります。ここで数を把握するときに重要なのは一番桁が大きい数字です。「3万」をさっと読めば大体の大きさが瞬時に把握出来ます。 つまり下4桁、「2789」は視界から外してしまえば「3万」の部分だけ認識することが出来ます。
図で表すと
となります。「2789」の部分は万より上を確認した後に読めばいいでしょう。まぁ、これくらいの長さならそんなことを考えずに読むことは出来るとは思います。
もう少し長い「10万」「100万」あたりになると桁数が大きくなって読み難くなっていきます。そういう場合に、下4桁を視界から外し、その上の桁を万を基準にして読むと「***万」と認識しやすくなります。

例題 2

次に「790158」について考えます。これは79万0158と読めますが、これくらい長い数字だと慣れていないと読み難く感じます。これも先ほどのように下4桁を視界から外して読んでみます。
このようにして読むと、すぐ「79万」というのを認識出来ます。

まとめ

ここまでの話を一言で表すと

とにかく長い数字が出たら、下4桁を飛ばして万を基準にして読む

となります。この方法なら100万、1000万あたりまでの数字をさっと読む場合には対応出来そうです。
最後にもう一度、最初の動画で確認してみましょう。


どうでしょうか?この方法を念頭に置いておくと、いくらか数字を把握しやすくなったのではないでしょうか?
長い数字が確認しにくいという場合は、このような方法で読むというのはいかがでしょうか。

コメント