エンドレスエイト(涼宮ハルヒの憂鬱)の功績は大きいのではないだろうか

エンドレスエイトとは (エンドレスエイトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

涼宮ハルヒの憂鬱のアニメ2期においてほぼ同じようなストーリーが8週続けてなされたわけで、当時はそれについて批判など言われていました。

しかし、これは視点を変えてみれば同じようなストーリー展開において、視聴者がどれくらい作品を見続けるのかというデータとして使えるのでは?と思います。また涼宮ハルヒの憂鬱という期待度の大きいアニメだったため、どれくらい減少するのか?というのを見るにはいい判断材料になるでしょう。新規のアニメ作品では固定層があまりいないため、増加分は見れても減少分はあまり見えないですし、そもそもこのような実験的展開を取ることはできません。

まぁ当時のアニメ制作の方々がどのように考えてエンドレスエイトを作っていたのかは定かではないですが、実験作だからこそ、そこから学び取れることも多いのでは、と思います。

もしかしたら昨今のアニメ作品で見られる3話あたりでストーリーに大きな転換点を向かえるというのも、このようなデータの活用から来ているのでは?なんて思ったりしました。

コメント