Ubuntu13.10のiBus1.5でShift+SpaceでMozcに切り替える

Ubuntu13.10でごにょごにょするとCtrl+SpaceでMozcに切り替えることができます。

ただ、自分の場合はShift+Spaceで切り替えたいのですが、設定を変更しようとすると、以下のように表示されてしまい設定できません。


そこで、dconfエディタで

org - gnome - desktop - wm - keybindings

switch-input-source

 ['<Primary>space']
から
['<Shift>space']
に変更してやると、Shift+SpaceでMozcに切り替えることができます。

ただし、iBusの設定からはこのキーバインドに変更できないので、この方法で変更するとなにか副作用がでるかもしれませんが。

あと、Shift+Spaceは、Shiftをしっかり押しながらSpaceを押さないとMozcに切り替わらないようです。ちょっと同時押しの判定が厳しい感じ。


言語パネルが出ないのがイヤな人はFcitxの方が幸せになれるかもしれません。





追記 2013/11/12
【この設定をした後にfcitxを入れる場合の注意】
この設定をした後にfcitxをインストールして適用すると、fcitxでShift+Spaceで切り替える設定にしても切り替わってくれない。上記でdconfで行った設定を
 ['<Primary>space']
に戻すと、Shift+Spaceでfcitxが切り替えられるようになる。

あー、Emacs使う場合、Ctrl+Spaceでの選択開始ができなくなるっぽい。
dconfで
['<Primary>space']

[]
とすればいいかな?一応、できるっぽいけどなんか不都合あるだろか?わかったらまた追記していきます。

コメント