Evernote Webで音声ファイルを再生する(メール送信利用)/ Ubuntu13.04

スマホのEvernote、音声を録音したのをメモにできますね。当然スマホ上では普通に再生できます。で、この音声付きのメモをUbuntuで再生したいと思います。Ubuntu上で動くEvernote互換アプリはあるようですが、ここではシンプルにFirefoxからEvernote Webを使ってやってみます(Chromeでも一緒かも)。

1. まずEvernote Webで再生できない(´・ω・`)

はい。いきなり問題です。Evernote Webでそのメモを見てみると「プラグインをインストール」という表示がでます。しかし、ここをクリックしてもFirefoxがプラグインを探しに行ったきり帰ってきません…。帰ってこないというか、「プラグインを探しています」 というウィンドウを出したままになった全然見つけてくれません。ひょっとしたらWindowsではプラグインを見つけてくれるかも知れません(めんどくさいので試しません)。


2. メール送付してみる

どうやらEvernote Web上では録音した音声が再生できないようです。ここで、メモを外部へエクスポートする機能を使ってやってみることにします。「→」みたいな矢印を押すと以下のツールが出てきます。TwitterとかFacebookにエクスポートしてもしょうがないので、やってみる価値のありそうな「メール」をクリックします。

そうすると「宛先」と「メッセージ」を入力する画面が出ますので、自分のメールアドレスを入力して送信します。

3. メールに音声ファイルが添付されていることを確認

で、メールソフトで確認してみるとメールが届いています。そして音声ファイルが添付ファイルとしてくっついてきています!やったー!
ファイル名は「AudioNote-2013-05-21_213659.amr」となってますね。とりあえず保存してファイルマネージャーから開いてやります。「.amr」という拡張子です。聞きなれない拡張子ですけど、Ubuntu13.04のデフォルトだと動画プレーヤーで開かれるようです。
 しかし、動画プレーヤーだと再生がうまくいかないようです。SMplayerやVLCプレーヤーだと開けました。ふむ、ちゃんと再生できてます。これで解決!


4. ちなみに

ちなみにこの音声メモ、「歌ってみた」とか書いてありますけど、ラブライブの「愛してるばんざーい!」をボクが歌ったものです( ^ω^ )。そんなものをメモに取るな!と怒られそうですが、これはテストなのでしょうがないですね(*‘ω‘ *)。

コメント