読書日記 : 赤村崎葵子の分析はデタラメ (電撃文庫)

赤村崎葵子の分析はデタラメ(電撃文庫)
なんか、やたら長い紹介文が電撃文庫のサイトに書いてありますね…。これ、小説の初めのとこにも書いてあります。まぁここを読めばどんな小説か大体わかるかと思います(たぶん…)。

で、これは推理小説と思いきやそうではなくて分析小説です。分析ってなにかって言うと、いろんな要素から謎を解明していく、みたな感じです。ほんとに分析してんのかよ?ってとこもありますけど…。まぁタイトルに「デタラメ」って書いてありますからね。

分析していく謎は殺人事件とかではなく、日常系のものが多いです。

ヒロインの赤村崎葵子(あかむらさき あおいこ)ですが、作品中ではほぼ「テル」と呼ばれています。あと、頭に被ってるニット帽がトレードマーク。とはいっても外したら死ぬとかいうわけじゃなくて、たまに外してますけどね。

テル、可愛いよテル。

あと、いろいろ謎に対する伏線が張られてるんですけど、一応最後に回収(?)される…のかな?あれで回収って言っていいのか…。

でも、次巻に続かないと気になるのも残されてるので、できれば続いていってもらいたいですね。

コメント