[Ubuntu] AnjutaでHello World!

Ubuntuでプログラミングをしてみようと思い、せっかくならGUIアプリケーションを作成しようとAnjutaとGladeでプログラミング環境の構築と"Hello World!"の出力までやってみました。環境構築はSynapticからAnjutaとGladeをインストール。たぶんその他にdev関係のパッケージが必要かな?ちょっとメモしてなかったので、忘れてしまいました。

環境
Ubuntu9.04
Anjuta 2.26.0.0

次に"Hello World!"ですが、
Ubuntu日本語フォーラムのこちらの内容が大変タメになりました。というか、これを読まなかったら途中でつまずいていました。特に"プログラムの引数"については気がつかないので、こちらに目を通しておくことをおすすめします。
https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=4852


Anjuta起動画面
送信者 ゆたりんブログ


プロジェクトを選択して、gtk+2.0を選ぶ
送信者 ゆたりんブログ


この設定はこのままでOK
送信者 ゆたりんブログ


この設定もこのままでOK(別ディレクトリで作業したい場合は変更する)
送信者 ゆたりんブログ


確認画面
送信者 ゆたりんブログ


プロジェクトに関連するファイルが自動で生成され、この画面が開く
送信者 ゆたりんブログ


srcディレクトリのhello_world.gladeをダブルクリック
送信者 ゆたりんブログ


ウィンドウ作成画面になる
送信者 ゆたりんブログ


左下からパレットを選択して、labelを選ぶ
送信者 ゆたりんブログ


labelを適用
送信者 ゆたりんブログ


ラベルの名称を"Hello World!"にする
送信者 ゆたりんブログ


プロジェクトのビルド
送信者 ゆたりんブログ


できあがったプログラムを実行。本来は"Hello World!"の画面がでるのだが、エラーがでて実行されない。
送信者 ゆたりんブログ


ツールバーの実行から"プログラムの引数"を選択し、プログラムのディレクトリが正しいことを確認したら、そのまま適用を押す。
送信者 ゆたりんブログ


実行を押すと"Hello World!"の画面が出てくる
送信者 ゆたりんブログ


Anjutaからではなく、端末などから実行したい場合は作ったプログラムをインストール(./configure→make→make install)してから実行しないと、"Hello World!"の画面が出力されない(make installの代わりにcheckinstallを用いると管理が楽)。

コメント