Emacsのウィンドウタイトルをコマンドで変更する方法

※以下の話はUbuntu16.04.3のGNOMEデスクトップ環境で試したときのものです。他の環境については必要に応じて試してみて下さい。
Emacsを使っていて説明用にスクリーンショットや動画を撮りたいとき、ウィンドウタイトルにファイル名やらユーザー名やらマシン名やらが表示されてしまっていて後から修正が必要になってくる場合があります(何が表示されるかは設定による)。
どこに公開されても問題ないものなら特に対処する必要はないのですが、後々めんどくさいことになると厄介。また、一々設定ファイルでウィンドウタイトルに表示させたいものを変更させるのも若干手間がかかります。

そこでEmacsのコマンド(ミニバッファで実行するヤツ)でサックリ変更する方法について書いておきます。実行するコマンドは以下の通り
M-x set-frame-name <RET>タイトルを入力<RET>

です。 <RET>は独特の書き方ですが、エンターキーを叩くって意味です。変更している様子を撮ったGIFアニメを以下に貼っておきます。

この方法なら、さっとスクリーンショットを撮りたいときでもすぐ変更出来ますね。
ただし、いざそういう場面になったときそのコマンドを思い出せるかどうかは記憶力次第…。なので、自分で見つけやすい場所にメモとして残しておくといいかと思います。

あとGIFアニメ内に書いてあるように、WindowsやMacでも同じ方法が使えるかどうかは調べてません。

関連ブログ記事
wmctrlコマンド - ウィンドウタイトルの変更操作について

コメント