ネバーエンディングストーリー

映画 ネバーエンディングストーリー
懐かしいですね。

この映画にでてくる世界を崩壊させるモノとして
「キョム」が出てきます。

これ、ずっと「キョム」って名前の敵さんかと思っていたんですけど、
「虚無」のことだったんですね…。

まぁ分かっていたとしても、あの映画が流行していた当時の自分に「虚無」って概念が理解できはしなかったですけど。

ストーリー後半に出てくる黒い虎みたいのが「キョム」さんかとずっと思っていましたよ…。

う〜む、もう何年も見てないから、もう一度映画の方を見直してこようかな。それとも原作でも読もうかな?

日本語の翻訳版だと
「はてしない物語」
ってタイトルみたいですね〜。
作者はMichael Ende(ミヒャエル・エンデ)。

コメント