Ubuntu13.04でマウスの中ボタン(ホイールクリック)エミュレーションを有効にする

参考にさせていただいたサイト


こちらのサイトを参考にして、dconf-editorで
org
 ↳gnome
  ↳settings-daemon
   ↳peripherals
    ↳mouse

middle-button-enabled
をオンにすると中ボタン(ホイールクリック)エミュレーションを有効にできます。



つまり、マウスの左右ボタン同時押しでホイールクリックとなるというわけです。

これでボタンが2つしかないマウスでも安心だね♪


で、ここからが本題。

昨今、マウスにはホイールが付いていて当たり前、こんな設定なんて別にする必要はありません。ホイールを押せばちゃんとホイールクリックになります(たぶん)。

なんでこんな設定を取り上げたかというと、この前買ったマウス(Logicool Zone Touch Mouse T400 (ゾーンタッチマウス))のホイールクリック位置が結構押しにくい位置にあるからです。
このマウス、正確にはホイールじゃなくてタッチパネル式なんですけど、タッチパネルの後ろ1/3を押さないとホイールクリックとならないのです。前2/3を押すとSuperキーとなってしまい、ホイールクリックを押したつもりがUnityのDashが表示されてしまうことがしばしば…。おまけにタッチパネル式なのでボタンを押そうとして指を動かす時にちょっとパネル上で指を滑らせると、ウィンドウがスクロールしてしまうという微妙さ…。

そ・れ・が、今回取り上げた方法でホイールクリックが可能となるので、こんな煩わしさから開放されるというわけです!

まぁ、左右クリック同時押しがめんどくさいとかいう意見もあるかもしれませんが…。

根本的にはタッチパネルのSuperキー部分をホイールクリックに置き換えたいんですけど、どうにも方法がわからないので、この方法でいくことにしましょう。
ふむ、これでこのマウスもだいぶ便利に使えそうです(にっこり)。


コメント