読書日記 桜庭一樹「荒野」

さて、読書日記といってもまだ読んでいません。これから読もうと思っている本をご紹介。
「私の男」で直木賞を受賞した桜庭一樹さんの最新作
  • 荒野 (文藝春秋)
この作品はファミ通文庫で確か「恋の三部作」として売り出していたシリーズだったんですよ。
で、第二部まで出た後になかなか第三部が出なかったんです…。桜庭氏の作品では結構好きなシリーズだったんですけど、もう2年も出てなかったんで続きを読むのはすっかり諦めていました…。

荒野の恋 第一部 2005年5月 ファミ通文庫
荒野の恋 第二部 2006年1月 ファミ通文庫

それが、いつのまにか第一部、第二部、そして書き下ろし第三部として出版されているとか!
これは読まなくてはなりません。待ちに待った分だけ期待と不安が交錯しますねぇ〜。
いやぁ、本を手に取る日が楽しみです。

あ、ちなみに小説の舞台は鎌倉です。個人的にタイムリーな場所だな、おい…。

コメント

コメントを投稿