[Linux] ファイル名の文字コードを変える方法

数年前Vine Linuxを使用していたとき、システムの日本語文字コードはeuc-jpだったが、Ubuntuでは日本語の文字コードはutf8であった。Linuxの場合、ファイル名に日本語を使うと不具合を起こすソフトがあったり、コマンドラインからファイルを指定するのが面倒だったので、大抵のファイルには日本語を使わないでファイル名を付けていた。

そんなわけで、VineからUbuntuに移行しても特に問題はなかったのだが、唯一日本語のファイル名を付けていたモノがあった。それが音楽ファイル(mp3)である。Linuxでも音楽CDを入れてmp3に変換するとサーバーから曲名を取得して、ファイル名に付けてくれるソフトがあって、それを使用していたのだが、その音楽ファイルがUbuntuではことごとく文字化けしてしまっていた。
つまりそのソフトはeuc-jpで名前付けてをファイルを作成したのだが、Ubuntuではutf8で日本語を表示するため、文字化けして何の曲だか分からなくなっていた。

とはいっても、いちいち直すのも面倒だし、それほど聞く曲でもなかったので放置していたのだが、ハードディスク内のファイル整理をするついでに、これらのファイル名の変換を行うことにした。

ネットで調べると、convmvというソフトをつかうと簡単に変換できるということだったので、さっそく試してみる。コマンドラインから、以下のように実行
  $ convmv -r -f euc-jp -t utf8 * --notest
使ってみると、本当に簡単にファイル名が日本語で表示された。

それぞれのオプションについては…。眠いのでまた明日Zzzz....

コメント