シューティングゲーム sopwith




ヒマだったのでUbuntuのパッケージにどんなゲームがあるか見ていたら、sopwithというシューティングゲームがあったので、インストールして遊んでみることにした。

元は1980年代のゲームとのことらしいので、見た目がかなり古くさい。年代的にファミコンが出る以前あたりなので、こんなものなのだろうか。
音楽も…。う~む、いまやるとさすがに気が抜ける…。多分当時は画期的だったのかも知れないのだが…。

操作は全てキーボードで行う。飛行機の操作が意外と難しいのと、武器の種類がいくつかあるので、慣れないとなかなか難しい。

ステージをクリアしてレベルが上がれば、敵の種類が増えるらしいが、まだ1面すらクリアできていない。


世間じゃドラクエの新作の話題で持ち切りなのに、なんで自分はこんなゲームをやっているんだろうと悩む今日この頃…。

コメント