シャープ「NetWalker」発表

送信者 yutarine photos

(*注* この絵はイメージです)


モバイルインターネットツールというらしいです。シャープから新たに発表されたネットブックよりかなり小さい電子辞書サイズのPCは。

NetWalker ネットウォーカー

どうみても、Linuxザウルスの後継機種ですね。自分も持ってましたけど。あれより薄く、キーボードが打ちやすくなっているみたいです(ちなみに、うちのLinuxザウルスはもはや電源すら入らなくなって物置の隅に鎮座していますけど…)。

しかも、OSにUbuntu9.04採用。ただし、CPUがARMベースなので、おそらくUbuntuのパッケージの全てがすぐインストールできるわけではないでしょうけど、ARMベースといえばGoogle(Android)携帯もARMベースのCPUなので、これからソフトなり、なんなりいろいろ充実してくるでしょう。

あと、起動時間が10時間。でも、モバイルインターネットツールというからには、通信状態で何時間起動するのか示してもらいたいところです。

一番残念なことに、無線Lan以外の通信モジュールが搭載されていない。おそらくイー・モバイルなりWiMaxなりのUSB端末を使用して、インターネットに接続できるようになるんでしょうけど、本体がこのサイズだとUSB端末を挿すとかなり邪魔になりそうです。


インターネットをパッと出して使いたい!という用途なら、現時点ならスマートフォンや高機能ケータイとかあります。そっちなら、初めから通信機能も揃ってますしね。


そうすると、個人的な感想としては、これだと最小サイズのネットブックといった感じですね。電子辞書サイズでキーボードの両手打ちって、自分にはほぼ無理。ケータイなら片手で操作可能。なんというか、いまいち触手が伸びない商品です…。Linuxザウルス持っていただけに、ちょっと残念…。

でも、シャープがAndroidケータイを出すとかいう話もあるみたいですから、そっちに期待したいですね。今回のNetWalkerの開発がどう生かされるのか、というのにも興味があります。

コメント